手術後の状態

半月板損傷手術から7年経過

更新日:

いつもありがとうございます。

本ブログの管理人(三代目小錦吉右衛門)です。

本ブログは、以前NTTコミュニケーションズ無料提供していた、OCNブログ人で記事としてブログにUPしていましたが、数年前に終了して記事自体ゴミ箱行きになっていましたが、ブログを復旧するサイトを発見して、当時の記憶を辿りながら再作成いたしました。

復旧サイトに関するブログ:OCNブログ人サイトの復旧方法

話しは変わりますが、半月板損傷手術を受けて40%の半月板を切除しましたが、今現在全く後遺症等は出ておりません。

趣味で始めた空手も現在も継続しており、あぐらや、正座、マラソン、山登りも全く問題なく動けています(^^♪

最初から設備の整った病院で精密検査を受けていれば、もっと完治も早かったかもとおもうと、、、

あの当時は、本当に会社や家族に迷惑を掛けて申し訳ない気持ちで一杯ですが、今こうして完治して好きな事を空手を継続できるのは、何よりの幸せです。

7年経過した傷口ですが、1.5cm程度の切り傷が2か所残っていますが、全く自分から言わない限りわかりません。特に女性の方は心配でしょうが、7年前ですらほぼ見えない傷口ですので、今の技術であればもっとわからないかも知れませんネ!!

本当は、今の傷口をupしても良いのですが、汚いおっさんの膝を見ても気分が悪くなる方もいるので、遠慮させていただきます。

そう言えば、娘が右ひじを骨接した際にも、「松戸整形外科」で手術をして無事に回復しています。

又、何か当時の事を思い出したら、随時更新します。

では、、、






-手術後の状態
-

Copyright© 半月板損傷(40%切除)からの生還 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.